Twist Column
Airbnb運用代行のTwistAirbnbの運用ノウハウ > スーパーホストになるための4つの条件とは?

スーパーホストになるための4つの条件とは?

airbnbでは優良なホストに対してスーパーホスト認定を行い、他と比べてより高いサービスの提供を保証しています。スーパーホストに認定されると、リスティングに認定バッジが表示される他、スーパーホスト限定の特別優待サービスや旅行クーポンといった特典も付いてきます。 「airbnbを始めるからには最高のおもてなしを目指したい。」 そのような方のために、今回はスーパーホストに認定されるための4つの基準をご紹介します。

2016-02-22    Airbnbの運用ノウハウ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 20160222044643

基準① 宿泊受入れ実績が過去1年で10件以上


スーパーホストに認定されるには、過去1年間の間に10件以上の宿泊受入れ実績が必要となります。魅力的なairbnbを運用し、多くの宿泊受入れをこなしながら、独自のホスピタリティを培っていきましょう。


基準② 高い返答率


予約や質問といったゲストからの問い合わせに対して、スーパーホストは迅速な回答が求められます。airbnbがスーパーホストの基準として掲げているのは「返答率90%以上の維持」です。しかし、世界各国から訪れるゲストには多様な言語での対応が必要となり、個人の運用では厳しい面もあるため、外国語での対応サービスを用意した運用代行会社に依頼することをおすすめします。


基準③ 確定した予約はキャンセルしない


個人で運用する民泊では、ゲストからの予約を受付後、ホスト側の事情によって予約をキャンセルせざるを得ない場合があります。スーパーホストになるには、この「確定した予約のキャンセル」をゼロにしなくてはいけません。予約を受けたからには、すべて宿泊完了まで履行する事が求められます。


基準④ 5つ星レビュー


airbnbでは、宿泊したゲストに「総合評価・清潔さ・正確性・値ごろ感・コミニュケーション・到着・ロケーション」の7項目を5段階で評価してもらうレビューシステムが設置されています。そして、スーパーホストになる条件として「泊まったゲストの半数以上がレビューを残している」「レビューの80%以上が5つ星評価」の二つがあります。ホストはレビューを参考に運用を行い、より質の高いおもてなしを目指していくことができます。



まとめ


airbnbを運用していくにあたって、ゲストに充実した利用をして頂く事は一つの目標となります。そのためにも、これらの基準に合格しスーパーホストを目指すことは、一つのものさしとして重要となってくるのではないでしょうか。

とはいえ、個人で運用するには限界があるのも事実です。
そこで、より高いサービス水準を目指すにあたって、運用代行会社の利用は有効な手段となります。

「質の高いairbnbの運用を行いたいが、自分で手間や時間はかけられない…」

そのような方は、airbnb運用代行会社を利用されてはいかがでしょうか?

Airbnb 代行コンサルティングTwist