Twist Column
Airbnb運用代行のTwistAirbnbの運用ノウハウ > Airbnbで宿泊者数を増やすために ~ リスティングの作り方編 ~

Airbnbで宿泊者数を増やすために ~ リスティングの作り方編 ~

Airbnbで宿泊者数を増やすにはリスティング(家の紹介ページ)をうまく表現する必要があります。 ここでは良いリスティングに大事な条件を掲載します。

2016-01-22    Airbnbの運用ノウハウ

このエントリーをはてなブックマークに追加
 20160128001029

良いリスティングとは、宿泊者が求める事前にお伝えすることです。
あなたが海外に行って宿泊施設を探しているとします。

その時、宿泊施設を探している時は色々な不安があります。
遠い異国の地で宿泊施設が問題なく安心して泊まれる場所か見極めるには
こちらが事前に情報をお伝えする必要があります。
「短い時間で期待されている情報を多く伝える」がキーワードになります。

それでは、宿泊者に事前にお伝えしておくべき情報とその情報の見せ方について
ここではご紹介いたします。

1. 綺麗な場所になっているのか?


自分が泊まる部屋ですからまずは綺麗な部屋で清潔感があることは最初に気になるところだと思います。
特にAirbnbでは最初のメイン写真がもっとも重要になります。
ここでは、宿泊施設の一番綺麗な写真を利用することをオススメします。

時々、外の写真などを掲載している場所もありますが、
Airbnbを見ている人は一覧の中から一つの物件を選びます。

最初の写真は宿泊施設であることがわかりやすく伝える写真の方が望ましいです。

2. 自分達の宿泊人数に十分なスペースはあるのか?


ある程度綺麗な場所だなと宿泊者が気に入ってくれたら次に
気になるのは、自分達が全員泊まれるだろうか?です。

Airbnbでは3~5人程度でくる宿泊者が多くいます。
その場合、大人数で宿泊するのに十分なスペースはあるのか
気になるところですね。

そのため、物件での見取り図があるのがオススメです。
見取り図には、何人泊まれるのかわかるように
ベットの数、ダブルベットなのか、シングルベットなのか。
お風呂の配置、バストイレが一緒なのか、別なのか。
収納スペースが十分にあるのか。
禁煙スペースがあるのか。

などなど様々な情報を読み取ることができます。
その情報を分かりやすく伝えることができるのが間取り図です。

写真の一覧からそれらの情報を読み取るのは非常に困難になります。

3. WiFi環境はあるのか?


海外旅行するときに、ホテルでWiFiを使えるかどうかは非常に重要です。
海外で使える個人WiFiを契約している場合は少ないので、
宿泊施設にWiFiを置いてあげることをオススメします。

WiFiがあることをアピールするためにWiFiの写真は必須です。

4. 物件にたどり着けるだろうか?


せっかく良い宿泊施設でも物件までたどり着けなかったら意味がありません。
行くには電車、バス、徒歩などをどう利用してたどり着けばいいのか分かりません。

なので、次の情報はリスティングの中に掲載してください。
・近くの空港から、最寄り駅までの時間と距離
・最寄り駅から物件までの徒歩の時間

そして物件までの地図などを用意している場合はそれをリスティングで
アピールしておくのもいいです。

いかがでしょうか。
これらの情報を分かりやすく伝えることはできていましか?
1つ1つの不安を解消してあげるだけで宿泊者数は大幅に解決します。

宿泊者数を上げるたいなどのご相談はこちらからお願いいたします。
Airbnbの運用代行Twist